Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 室伏高信(むろふせ こうしん、1892年(明治25年)5月10日 - 1970年(昭和45年)6月28日)は、日本の評論家・著述家。神奈川県出身。明治大学法科を中退、二六新報、時事新報、朝日新聞の政治部記者を経て、第一次世界大戦後に雑誌『改造』の特派員としてヨーロッパに渡る。1934年(昭和9年)から1943年(昭和18年)まで、雑誌「日本評論」主筆を務めるが、満州事変以後は、室伏自身の狂信的な国粋主義思想から、軍部とのつながりを深め大東亜戦争(太平洋戦争)を賛美したが、戦争が不利と見るや小田原に隠棲。戦後は公職追放の後、新生社を創立し、雑誌『新生』を発刊。憲法研究会のメンバーが多く寄稿した。一方で戦後は思想を転換させ、戦時中まで仲間だった先輩・同僚・後輩を、戦後になって罵倒するなど、室伏はオポチュニストとの解釈もある。1930年(昭和5年)と1946年(昭和21年)に衆議院議員選挙に立候補したが、いずれも落選した。室伏哲郎は甥。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 885676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50795474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 室伏高信(むろふせ こうしん、1892年(明治25年)5月10日 - 1970年(昭和45年)6月28日)は、日本の評論家・著述家。神奈川県出身。明治大学法科を中退、二六新報、時事新報、朝日新聞の政治部記者を経て、第一次世界大戦後に雑誌『改造』の特派員としてヨーロッパに渡る。1934年(昭和9年)から1943年(昭和18年)まで、雑誌「日本評論」主筆を務めるが、満州事変以後は、室伏自身の狂信的な国粋主義思想から、軍部とのつながりを深め大東亜戦争(太平洋戦争)を賛美したが、戦争が不利と見るや小田原に隠棲。戦後は公職追放の後、新生社を創立し、雑誌『新生』を発刊。憲法研究会のメンバーが多く寄稿した。一方で戦後は思想を転換させ、戦時中まで仲間だった先輩・同僚・後輩を、戦後になって罵倒するなど、室伏はオポチュニストとの解釈もある。1930年(昭和5年)と1946年(昭和21年)に衆議院議員選挙に立候補したが、いずれも落選した。室伏哲郎は甥。
rdfs:label
  • 室伏高信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of