Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 実証研究(英語:empirical research)は、直接的な観察や経験によって知識を得る方法である。経験的証拠(誰かの直接的観察や経験の記録)は、質的、量的に分析され得る。証拠の定量化や、質的にその筋を通すことで、研究者は経験的な質問に答えることができる。通常はデータと呼ばれる証拠を集め、明確に定義や回答を行う。研究計画は、分野や調査される疑問によって異なってくる。多くの研究者は、社会科学や教育の研究室で研究出来ない問いかけに対し、より良い答えを出すために質的、量的分析を組み合わせている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2385262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55934869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 実証研究(英語:empirical research)は、直接的な観察や経験によって知識を得る方法である。経験的証拠(誰かの直接的観察や経験の記録)は、質的、量的に分析され得る。証拠の定量化や、質的にその筋を通すことで、研究者は経験的な質問に答えることができる。通常はデータと呼ばれる証拠を集め、明確に定義や回答を行う。研究計画は、分野や調査される疑問によって異なってくる。多くの研究者は、社会科学や教育の研究室で研究出来ない問いかけに対し、より良い答えを出すために質的、量的分析を組み合わせている。
rdfs:label
  • 実証研究
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of