Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 実松 克義(さねまつ かつよし、1948年2月14日 - )は日本の宗教人類学者、英語教育学者。立教大学名誉教授。アメリカ大陸中南米のシャーマニズム、文化及び古代史を主な研究分野とする。メキシコ、グアテマラ、ペルー、ボリビア等において現地フィールドワークを行い、独自の視点から先住民族の文化と宗教を研究している。マヤ民族文化の神話、カレンダー及び時間思想、アンデス民族文化の自然観、エコロジー思想などに光を当てている。またボリビア・アマゾンに存在した古代文化の調査研究(モホス・プロジェクト)を実施している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 861061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54585393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 実松 克義(さねまつ かつよし、1948年2月14日 - )は日本の宗教人類学者、英語教育学者。立教大学名誉教授。アメリカ大陸中南米のシャーマニズム、文化及び古代史を主な研究分野とする。メキシコ、グアテマラ、ペルー、ボリビア等において現地フィールドワークを行い、独自の視点から先住民族の文化と宗教を研究している。マヤ民族文化の神話、カレンダー及び時間思想、アンデス民族文化の自然観、エコロジー思想などに光を当てている。またボリビア・アマゾンに存在した古代文化の調査研究(モホス・プロジェクト)を実施している。
rdfs:label
  • 実松克義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of