Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 実尊(じつそん、治承4年(1180年)10月 - 嘉禎2年2月19日(1236年3月27日))は、鎌倉時代前期の法相宗の僧。父は関白松殿基房。兄弟に左大臣隆忠、権中納言家房、摂政師家、天台座主承円、山科僧正行意らがいる。興福寺別当の信円に師事して法相教学を修学し、1226年(嘉禄2年)興福寺別当となる。しかし、2年後の1228年(安貞2年)多武峰寺との争いが激化し、その責任をとって辞任している。その後復職し大僧正に任じられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 427401 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50540977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 実尊(じつそん、治承4年(1180年)10月 - 嘉禎2年2月19日(1236年3月27日))は、鎌倉時代前期の法相宗の僧。父は関白松殿基房。兄弟に左大臣隆忠、権中納言家房、摂政師家、天台座主承円、山科僧正行意らがいる。興福寺別当の信円に師事して法相教学を修学し、1226年(嘉禄2年)興福寺別当となる。しかし、2年後の1228年(安貞2年)多武峰寺との争いが激化し、その責任をとって辞任している。その後復職し大僧正に任じられた。
rdfs:label
  • 実尊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of