Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 官文(かんぶん、Guanwen、1798年 - 1871年)は清朝の官僚。字は秀峰。満州正白旗人で氏族は王佳氏。官職は文華殿大学士など。荊州将軍であったが、咸豊5年(1855年)に湖広総督に昇進し、八旗軍・緑営軍を率いて曽国藩の湘軍と共に太平天国の乱鎮圧にあたった。初めは曽国藩を牽制・排除しようとしたため、曽国藩からは「平凡な人物」と評されているが、戦略思考と行政手腕には優れたものがあった。太平天国の乱を鎮圧した後は二等侯太子太保を授けられたが、これは一等侯の曽国藩に次ぐものであった。同治5年(1866年)11月、捻軍との戦いで功績が上がらないのを湖北巡撫曽国荃(曽国藩の弟)に弾劾され、翌6年(1867年)に湖広総督を辞職した。同年に直隷総督代理に返り咲いたが、翌年の同治7年(1868年)に曽国藩に取って代えられた。この政争は清の朝廷で漢民族の総督・巡撫が実権を握り、満州人の勢力が後退するきっかけとなる事件であった。著作に『蕩平髮逆附記』がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1214658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57088805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 官文(かんぶん、Guanwen、1798年 - 1871年)は清朝の官僚。字は秀峰。満州正白旗人で氏族は王佳氏。官職は文華殿大学士など。荊州将軍であったが、咸豊5年(1855年)に湖広総督に昇進し、八旗軍・緑営軍を率いて曽国藩の湘軍と共に太平天国の乱鎮圧にあたった。初めは曽国藩を牽制・排除しようとしたため、曽国藩からは「平凡な人物」と評されているが、戦略思考と行政手腕には優れたものがあった。太平天国の乱を鎮圧した後は二等侯太子太保を授けられたが、これは一等侯の曽国藩に次ぐものであった。同治5年(1866年)11月、捻軍との戦いで功績が上がらないのを湖北巡撫曽国荃(曽国藩の弟)に弾劾され、翌6年(1867年)に湖広総督を辞職した。同年に直隷総督代理に返り咲いたが、翌年の同治7年(1868年)に曽国藩に取って代えられた。この政争は清の朝廷で漢民族の総督・巡撫が実権を握り、満州人の勢力が後退するきっかけとなる事件であった。著作に『蕩平髮逆附記』がある。
rdfs:label
  • 官文
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of