Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 官房学(かんぼうがく、独: Kameralwissenschaft)は、17世紀から18世紀のドイツで発展した学問。「カメラリズム」(独: Kameralismus, 英: Cameralism) とも称する。官房学は今日の行政学(警察学)、経済学・財政学にほぼ相当する内容をもつが、実際にはそれよりもはるかに広範な経世論・政策論的領域を対象分野としている。また後述するように、この学を成立させた社会的背景から「重商主義のドイツ版」とする評価もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1499218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50641397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 官房学(かんぼうがく、独: Kameralwissenschaft)は、17世紀から18世紀のドイツで発展した学問。「カメラリズム」(独: Kameralismus, 英: Cameralism) とも称する。官房学は今日の行政学(警察学)、経済学・財政学にほぼ相当する内容をもつが、実際にはそれよりもはるかに広範な経世論・政策論的領域を対象分野としている。また後述するように、この学を成立させた社会的背景から「重商主義のドイツ版」とする評価もある。
rdfs:label
  • 官房学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of