Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宗教における罪(しゅうきょうにおけるつみ)とは、主に宗教的な意味合いで使われる用語で、道徳的規範を破る行為や、そのような規範に背く行為を犯した状態を意味する。一般に、道徳的規約 (code of conduct) は、神聖な存在(例:アブラハムの宗教での神)によって、おきてとして定められる。罪とは、通常、禁止されている行為や不正とされている行為を行うことを意味するが、宗教によっては(特にキリスト教の教派)、罪は特定の行為のみでなく、そのような行為や悪意を心に抱いている精神状態、をも意味することがある。口頭で行う不道徳、羞恥的、有害、異端とみなされるいかなる意見や言葉、行為も「罪深い」とされることがある。様々な宗教に含まれる一般的な罪に関する概念には以下がある。 他者、森羅万象、または、今世か来世での神からの罪に対する罰 罪とするためには、その行為が意図的であるべきかどうか 良心が罪を犯している認識をうながす罪悪感を生み出すべきだ、という考え 罪の重さをはかる体系 罪に対する(後悔ともう二度と犯さないとの決意を表現する)懺悔と過去に犯した行為への贖い(代償) 主に神格な存在などの仲介者を通しての、罪に対する容赦 (atonement) の可能性;キリスト教での救済また、犯罪と正義は、政教分離の概念により関係しているものである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1338743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 50912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58535687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宗教における罪(しゅうきょうにおけるつみ)とは、主に宗教的な意味合いで使われる用語で、道徳的規範を破る行為や、そのような規範に背く行為を犯した状態を意味する。一般に、道徳的規約 (code of conduct) は、神聖な存在(例:アブラハムの宗教での神)によって、おきてとして定められる。罪とは、通常、禁止されている行為や不正とされている行為を行うことを意味するが、宗教によっては(特にキリスト教の教派)、罪は特定の行為のみでなく、そのような行為や悪意を心に抱いている精神状態、をも意味することがある。口頭で行う不道徳、羞恥的、有害、異端とみなされるいかなる意見や言葉、行為も「罪深い」とされることがある。様々な宗教に含まれる一般的な罪に関する概念には以下がある。 他者、森羅万象、または、今世か来世での神からの罪に対する罰 罪とするためには、その行為が意図的であるべきかどうか 良心が罪を犯している認識をうながす罪悪感を生み出すべきだ、という考え 罪の重さをはかる体系 罪に対する(後悔ともう二度と犯さないとの決意を表現する)懺悔と過去に犯した行為への贖い(代償) 主に神格な存在などの仲介者を通しての、罪に対する容赦 (atonement) の可能性;キリスト教での救済また、犯罪と正義は、政教分離の概念により関係しているものである。
rdfs:label
  • 宗教における罪
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of