Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宗峰妙超(しゅうほう みょうちょう、弘安5年(1282年) - 延元2年/建武4年12月22日(1338年1月13日))は、鎌倉時代末期の臨済宗の僧。一般には大燈国師の名で知られている。諱は妙超、道号は宗峰。播磨(兵庫県)の出身。同国浦上荘の豪族・浦上氏の一族・浦上一国(掃部入道覚性)の子として生まれた。朝廷から興禅大灯、高照正灯の国師号が与えられた。京都の大徳寺の開山。 
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 344056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58044036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 宗峰妙超
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
prop-ja:
prop-ja:弟子
prop-ja:生地
prop-ja:生没年
  • 1282 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:著作
  • 『大灯国師語録』、『仮名法語』、『祥雲夜話』
prop-ja:諡号
  • 大燈国師
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宗峰妙超(しゅうほう みょうちょう、弘安5年(1282年) - 延元2年/建武4年12月22日(1338年1月13日))は、鎌倉時代末期の臨済宗の僧。一般には大燈国師の名で知られている。諱は妙超、道号は宗峰。播磨(兵庫県)の出身。同国浦上荘の豪族・浦上氏の一族・浦上一国(掃部入道覚性)の子として生まれた。朝廷から興禅大灯、高照正灯の国師号が与えられた。京都の大徳寺の開山。 
rdfs:label
  • 宗峰妙超
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of