Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宍戸 元源(ししど もとよし、? - 天文11年(1542年))は、安芸の国人宍戸氏の当主。父は宍戸元家(安芸守)。子は元家(弥三郎)・隆忠・吉川興経妻。隆家は孫(弥三郎の子)。弟に深瀬隆兼、司箭院興仙。安芸国五龍城を居城とした。1504年、父・元家が隠居し、家督を継ぐ。大内義興の上洛には、他の安芸国人たちとともに参加し、1511年の船岡山合戦にも参戦した。帰国後は、近隣の国人毛利氏とたびたび抗争を繰り広げており、安芸国人衆が毛利興元を中心に国人一揆を結んだときも元源はこれに参加せず、独立性を保った。しかし、のちに毛利元就が高橋氏の旧領の一部を割譲するなどして元源に接近し、1534年に嫡孫・隆家の妻に元就の娘を迎え、毛利氏と和睦した。嫡男・元家は元源より先に戦死していたので、家督をめぐる争いが起き、讒言により孫の隆家が叔父にあたる隆忠を殺害するという悲劇にも見舞われている。1538年、元源は老齢のため隠居し、家督は隆家が継いだ。1540年、尼子氏が毛利氏征伐のため、安芸吉田に侵攻した際には、五龍城で留守を守った。1542年没。豪放な性格で、猛将として広く知られていたという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 372016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 857 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43952008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宍戸 元源(ししど もとよし、? - 天文11年(1542年))は、安芸の国人宍戸氏の当主。父は宍戸元家(安芸守)。子は元家(弥三郎)・隆忠・吉川興経妻。隆家は孫(弥三郎の子)。弟に深瀬隆兼、司箭院興仙。安芸国五龍城を居城とした。1504年、父・元家が隠居し、家督を継ぐ。大内義興の上洛には、他の安芸国人たちとともに参加し、1511年の船岡山合戦にも参戦した。帰国後は、近隣の国人毛利氏とたびたび抗争を繰り広げており、安芸国人衆が毛利興元を中心に国人一揆を結んだときも元源はこれに参加せず、独立性を保った。しかし、のちに毛利元就が高橋氏の旧領の一部を割譲するなどして元源に接近し、1534年に嫡孫・隆家の妻に元就の娘を迎え、毛利氏と和睦した。嫡男・元家は元源より先に戦死していたので、家督をめぐる争いが起き、讒言により孫の隆家が叔父にあたる隆忠を殺害するという悲劇にも見舞われている。1538年、元源は老齢のため隠居し、家督は隆家が継いだ。1540年、尼子氏が毛利氏征伐のため、安芸吉田に侵攻した際には、五龍城で留守を守った。1542年没。豪放な性格で、猛将として広く知られていたという。
rdfs:label
  • 宍戸元源
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of