Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安達 東三郎(あだち とうさぶろう、1887年(明治20年) - 1915年(大正4年)3月6日)は、日本の海軍軍人で海軍航空草創期の搭乗員。試験飛行中に搭乗機が墜落し他の乗員二人とともに殉職したが、安達らの殉職は海軍搭乗員の日本国内における殉職としては最初の事例となった。最終階級は海軍大尉。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2622479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58891455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:最終階級
  • 海軍大尉
prop-ja:死没地
  • 神奈川県長浦湾
prop-ja:氏名
  • 安達 東三郎
prop-ja:生誕地
  • 愛媛県喜多郡天神村
prop-ja:軍歴
  • 1910 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安達 東三郎(あだち とうさぶろう、1887年(明治20年) - 1915年(大正4年)3月6日)は、日本の海軍軍人で海軍航空草創期の搭乗員。試験飛行中に搭乗機が墜落し他の乗員二人とともに殉職したが、安達らの殉職は海軍搭乗員の日本国内における殉職としては最初の事例となった。最終階級は海軍大尉。
rdfs:label
  • 安達東三郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of