Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安西 篤子(あんざい あつこ、1927年8月11日 - )は、日本の小説家。神戸市須磨区村雨町生まれ。父は福島県出身で横浜正金銀行に勤務した安西政一郎。母は東京都の出身。幼少時父の勤務でドイツ、中国に住まい、青島高等女学校をへて、1945年神奈川県立横浜第一高等女学校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)卒。46年冨中暁と結婚、長女、長男を儲ける。1953年中山義秀に師事して小説を書き始め、65年『張少子の話』で直木賞。72年離婚。91年十数年連れ添った伴侶を失う。93年『黒鳥』で女流文学賞を受賞した。(『女流作家シリーズ』角川書店)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 397555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56458640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安西 篤子(あんざい あつこ、1927年8月11日 - )は、日本の小説家。神戸市須磨区村雨町生まれ。父は福島県出身で横浜正金銀行に勤務した安西政一郎。母は東京都の出身。幼少時父の勤務でドイツ、中国に住まい、青島高等女学校をへて、1945年神奈川県立横浜第一高等女学校(現・神奈川県立横浜平沼高等学校)卒。46年冨中暁と結婚、長女、長男を儲ける。1953年中山義秀に師事して小説を書き始め、65年『張少子の話』で直木賞。72年離婚。91年十数年連れ添った伴侶を失う。93年『黒鳥』で女流文学賞を受賞した。(『女流作家シリーズ』角川書店)
rdfs:label
  • 安西篤子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of