Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安永一(やすなが はじめ、1901年(明治34年)12月3日 - 1994年(平成6年)2月2日)は、アマチュアの囲碁棋士、囲碁評論家、ライター。兵庫県氷上郡出身。木谷実、呉清源と共著の『囲碁革命 新布石法』は特に有名。アマチュア棋士としても実力は一流で、中国流布石を創始したとも言われる。プロ棋士の育成もし、門下に小松英樹、谷口敏則、吉岡薫らがいる。「天下の素浪人」を自称。著作では「拙安永一」と記述していた。叔父の広月絶軒は本因坊秀哉の著作の執筆を行った、囲碁ライターの草分け。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 676365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58277153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安永一(やすなが はじめ、1901年(明治34年)12月3日 - 1994年(平成6年)2月2日)は、アマチュアの囲碁棋士、囲碁評論家、ライター。兵庫県氷上郡出身。木谷実、呉清源と共著の『囲碁革命 新布石法』は特に有名。アマチュア棋士としても実力は一流で、中国流布石を創始したとも言われる。プロ棋士の育成もし、門下に小松英樹、谷口敏則、吉岡薫らがいる。「天下の素浪人」を自称。著作では「拙安永一」と記述していた。叔父の広月絶軒は本因坊秀哉の著作の執筆を行った、囲碁ライターの草分け。
rdfs:label
  • 安永一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of