Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安東 円恵(あんどう えんえ、弘安8年(1285年) - 康永2年(1343年))は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将で、鎌倉幕府執権北条氏得宗家の被官(御内人)として六波羅探題に務めた。父は安東蓮聖、諱は助泰、通称は治右衛門。円恵は禅僧としての法名である。新田義貞の妻の伯父安東聖秀との血縁関係を示唆する説もある。渡来僧の西礀子曇(せいかんすどん)について禅を修め、上野国長楽寺の住持となった。奈良国立博物館所蔵の「安東円恵像」は国の重要文化財に指定されている。
dbpedia-owl:alias
  • 助泰→円恵(法名)
  • 通称:治右衛門
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 727211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58270935 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
  • 通称:治右衛門
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 助泰→円恵(法名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 興国4年/康永2年(1343年)
prop-ja:氏名
  • 安東円恵
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:安東蓮聖
prop-ja:生誕
  • 弘安8年(1285年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 安東 円恵(あんどう えんえ、弘安8年(1285年) - 康永2年(1343年))は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将で、鎌倉幕府執権北条氏得宗家の被官(御内人)として六波羅探題に務めた。父は安東蓮聖、諱は助泰、通称は治右衛門。円恵は禅僧としての法名である。新田義貞の妻の伯父安東聖秀との血縁関係を示唆する説もある。渡来僧の西礀子曇(せいかんすどん)について禅を修め、上野国長楽寺の住持となった。奈良国立博物館所蔵の「安東円恵像」は国の重要文化財に指定されている。
rdfs:label
  • 安東円恵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 安東円恵
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of