Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安政東海地震(あんせいとうかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月4日(1854年12月23日)に発生した東海地震である。ここでいう「東海地震」とは南海トラフ東側半分の東海道沖が震源域となる地震のことであり、東南海地震の領域も本地震の震源域に含まれていた。また、南海トラフ巨大地震の一つであり、約32時間後に発生した安政南海地震とともに安政地震、あるいは安政大地震とも総称される。この地震は嘉永年間末に起きたが、この天変地異や前年の黒船来航を期に改元されて安政と改められ、歴史年表上では安政元年であることから安政を冠して呼ばれる。当時は寅の大変(とらのたいへん)とも呼ばれた。本項では、同時に起きた東南海地震の震源域も含めて記述する。安政南海地震の2日後には豊予海峡でM 7.4の豊予海峡地震が発生。また翌年には安政江戸地震(M 6.9-7.1)が起きた。本地震や安政南海地震は安政江戸地震と合わせて「安政三大地震」とも呼ばれ、伊賀上野地震から1858年飛越地震までの安政年間に多発した一連の大地震を安政の大地震とも呼ぶ。江戸時代には南海トラフ沿いを震源とする巨大地震として、この他に慶長9年(1605年)に起きた慶長地震、および宝永4年(1707年)の宝永地震の記録がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2229049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58994165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:area
prop-ja:center
  • 東海道沖
prop-ja:date
  • --12-23
prop-ja:deaths
  • 死者 2 - 3千人
prop-ja:name
  • 安政東海地震
prop-ja:scale
  • 8.400000 (xsd:double)
prop-ja:shindo
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:shindoarea
  • 甲斐甲西、駿河相良、遠江袋井
prop-ja:time
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:tsunami
  • 1362.0
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安政東海地震(あんせいとうかいじしん)は、江戸時代後期の嘉永7年11月4日(1854年12月23日)に発生した東海地震である。ここでいう「東海地震」とは南海トラフ東側半分の東海道沖が震源域となる地震のことであり、東南海地震の領域も本地震の震源域に含まれていた。また、南海トラフ巨大地震の一つであり、約32時間後に発生した安政南海地震とともに安政地震、あるいは安政大地震とも総称される。この地震は嘉永年間末に起きたが、この天変地異や前年の黒船来航を期に改元されて安政と改められ、歴史年表上では安政元年であることから安政を冠して呼ばれる。当時は寅の大変(とらのたいへん)とも呼ばれた。本項では、同時に起きた東南海地震の震源域も含めて記述する。安政南海地震の2日後には豊予海峡でM 7.4の豊予海峡地震が発生。また翌年には安政江戸地震(M 6.9-7.1)が起きた。本地震や安政南海地震は安政江戸地震と合わせて「安政三大地震」とも呼ばれ、伊賀上野地震から1858年飛越地震までの安政年間に多発した一連の大地震を安政の大地震とも呼ぶ。江戸時代には南海トラフ沿いを震源とする巨大地震として、この他に慶長9年(1605年)に起きた慶長地震、および宝永4年(1707年)の宝永地震の記録がある。
rdfs:label
  • 安政東海地震
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of