Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安息香酸(あんそくこうさん、英: benzoic acid、独: Benzoesäure)は示性式 C6H5COOH の芳香族化合物であり、特に芳香族カルボン酸である。ベンゼンの水素原子1個がカルボキシ基に置換された構造を持つ。水に溶かすと酸性を示し、pKa は 4.21 である。ユストゥス・フォン・リービッヒとフリードリヒ・ヴェーラーにより、1832年に構造決定がなされた。安息香(ベンゾイン)は香料として用いられる樹脂の一種であり、この中に安息香酸のエステルが多いことからこの名がとられた。安息香酸のカルボキシル基に対してオルト位の水素原子がヒドロキシル基に置換されると、サリチル酸となる。安息香酸はアルキル側鎖を1つ持つ芳香族(たとえば、トルエンやエチルベンゼン、クメンなど)を酸化することで得られる。この反応ではベンゼン環に隣接する水素-炭素間の結合が攻撃される。ベンジル位に C−H 結合がない場合はベンゼン環が酸化される。また、ベンズアルデヒド (C6H5CHO) の酸化によって得ることも出来る。抗菌・静菌作用があるので、水溶性のナトリウム塩、安息香酸ナトリウム (sodium benzoate) などは清涼飲料等の保存料として添加されている。酸型保存料の一種。殺菌作用はない(既に細菌などの増殖したものに対しては無効)。旧厚生省は安息香酸を天然に存在しない添加物に分類している。
dbpedia-owl:imageSize
  • 110 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
  • 260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • Benzoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57430251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagecaption
  • 安息香酸の結晶
prop-ja:imagefile
  • Benzoid acid.jpg
prop-ja:imagefilel
  • Benzoesäure.svg
prop-ja:imagefiler
  • Benzoic-acid-3D-balls.png
prop-ja:imagename
  • 安息香酸の結晶
prop-ja:imagenamel
  • 骨格構造式
prop-ja:imagenamer
  • 球棒モデル
prop-ja:imagesize
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizel
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • Benzoic acid
prop-ja:othernames
  • 安息香酸
  • カルボキシベンゼン
  • ベンゼンカルボン酸
prop-ja:verifiedrevid
  • 408398876 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 安息香酸(あんそくこうさん、英: benzoic acid、独: Benzoesäure)は示性式 C6H5COOH の芳香族化合物であり、特に芳香族カルボン酸である。ベンゼンの水素原子1個がカルボキシ基に置換された構造を持つ。水に溶かすと酸性を示し、pKa は 4.21 である。ユストゥス・フォン・リービッヒとフリードリヒ・ヴェーラーにより、1832年に構造決定がなされた。安息香(ベンゾイン)は香料として用いられる樹脂の一種であり、この中に安息香酸のエステルが多いことからこの名がとられた。安息香酸のカルボキシル基に対してオルト位の水素原子がヒドロキシル基に置換されると、サリチル酸となる。安息香酸はアルキル側鎖を1つ持つ芳香族(たとえば、トルエンやエチルベンゼン、クメンなど)を酸化することで得られる。この反応ではベンゼン環に隣接する水素-炭素間の結合が攻撃される。ベンジル位に C−H 結合がない場合はベンゼン環が酸化される。また、ベンズアルデヒド (C6H5CHO) の酸化によって得ることも出来る。抗菌・静菌作用があるので、水溶性のナトリウム塩、安息香酸ナトリウム (sodium benzoate) などは清涼飲料等の保存料として添加されている。酸型保存料の一種。殺菌作用はない(既に細菌などの増殖したものに対しては無効)。旧厚生省は安息香酸を天然に存在しない添加物に分類している。
rdfs:label
  • 安息香酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 安息香酸
  • カルボキシベンゼン
  • ベンゼンカルボン酸
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of