Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安山岩(あんざんがん、英: andesite)は、火成岩の一種。現在用いられている全岩SiO2量による火山岩の分類法のうち、国際地質科学連合の推薦する分類体系によれば, 52~57wt% が玄武岩質安山岩。57〜63wt% が安山岩と定義される。我が国でよく用いられている分類体系は都城・久城(1975)によるもので,国際地質科学連合のものと同様に、縦軸にアルカリ量(Na2O+K2O)、横軸にSiO2量をとっており、SiO2が53〜62wt.%を安山岩としている.深成岩の閃緑岩に対応する。英名の andesite は、南米アンデス山中のMarmato産の粗面岩様の火山岩に対し、ブッフが命名したもので、アンデスの名をとり-ite をつけたもの。日本語訳は、はじめ小藤文次郎により富士岩(明治17年)と訳され、東京大学系の人々に用いられたが、地質調査所ではアンデス山の石の意で、安山岩と訳して用いた。文献に最初に安山岩の訳が現れるのは、ライマンの弟子であった西山正吾による『伊豆図幅説明書』(明治19年)で、以後、富士岩・安山岩が明治20年代までは併用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57563283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:composition
prop-ja:compositionSecondary
prop-ja:imageCaption
  • 安山岩
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 安山岩
prop-ja:type
  • 火成岩
prop-ja:typeLink
  • 火成岩
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安山岩(あんざんがん、英: andesite)は、火成岩の一種。現在用いられている全岩SiO2量による火山岩の分類法のうち、国際地質科学連合の推薦する分類体系によれば, 52~57wt% が玄武岩質安山岩。57〜63wt% が安山岩と定義される。我が国でよく用いられている分類体系は都城・久城(1975)によるもので,国際地質科学連合のものと同様に、縦軸にアルカリ量(Na2O+K2O)、横軸にSiO2量をとっており、SiO2が53〜62wt.%を安山岩としている.深成岩の閃緑岩に対応する。英名の andesite は、南米アンデス山中のMarmato産の粗面岩様の火山岩に対し、ブッフが命名したもので、アンデスの名をとり-ite をつけたもの。日本語訳は、はじめ小藤文次郎により富士岩(明治17年)と訳され、東京大学系の人々に用いられたが、地質調査所ではアンデス山の石の意で、安山岩と訳して用いた。文献に最初に安山岩の訳が現れるのは、ライマンの弟子であった西山正吾による『伊豆図幅説明書』(明治19年)で、以後、富士岩・安山岩が明治20年代までは併用された。
rdfs:label
  • 安山岩
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of