Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 安国寺 恵瓊(あんこくじ えけい)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗の僧で、武将および外交僧。道号(字)は瑶甫、法諱(諱)は恵瓊、号は一任斎または正慶。“安国寺”は住持した寺(安芸安国寺(不動院))の名で、安国寺恵瓊はよく知られた別名であり、禅僧としての正しい名乗りは瑶甫 恵瓊(ようほ えけい)という。毛利氏に仕える外交僧として豊臣(羽柴)秀吉との交渉窓口となり、豊臣政権においては秀吉からも知行を貰って大名に取り立てられたとするのが通説だが、異説もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 104983 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59158499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • 瑤甫
prop-ja:名前
  • 瑶甫恵瓊 (安国寺恵瓊)
prop-ja:宗旨
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
prop-ja:
prop-ja:幼名
  • 竹若丸・辰王丸
prop-ja:
prop-ja:没地
  • 京都六条河原
prop-ja:法号
  • 一任斎、正慶
prop-ja:法名
  • 恵瓊
prop-ja:生地
  • 安芸国沼田郡
prop-ja:生没年
  • --10-01
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:説明文
  • 「教導立志基三十三:羽柴秀吉」(月岡芳年)
  • 『太閤記』の一場面で、毛利の使者として秀吉に体面し、信長死去に落涙する秀吉に驚く安国寺恵瓊を描いたもの。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 安国寺 恵瓊(あんこくじ えけい)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗の僧で、武将および外交僧。道号(字)は瑶甫、法諱(諱)は恵瓊、号は一任斎または正慶。“安国寺”は住持した寺(安芸安国寺(不動院))の名で、安国寺恵瓊はよく知られた別名であり、禅僧としての正しい名乗りは瑶甫 恵瓊(ようほ えけい)という。毛利氏に仕える外交僧として豊臣(羽柴)秀吉との交渉窓口となり、豊臣政権においては秀吉からも知行を貰って大名に取り立てられたとするのが通説だが、異説もある。
rdfs:label
  • 安国寺恵瓊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja: of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of