Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 守 大石(もり の おおいわ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物。姓(カバネ)は君。斉明天皇4年(658年)に発生した有間皇子の変に塩屋鯯魚・坂合部薬らとともに連座して上野国への流罪となる。ほどなく赦されたと見え、斉明天皇7年(661年)には百済救援のために水軍の将として派遣されている(この時の冠位は大山下)。天智天皇4年(665年)遣唐使として唐に渡る(このとき冠位は小錦と見えるが、上中下のいずれかは不明)。守氏は景行天皇皇子の大碓命の後裔を称する美濃の豪族。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2184019 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55510456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 守 大石(もり の おおいわ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物。姓(カバネ)は君。斉明天皇4年(658年)に発生した有間皇子の変に塩屋鯯魚・坂合部薬らとともに連座して上野国への流罪となる。ほどなく赦されたと見え、斉明天皇7年(661年)には百済救援のために水軍の将として派遣されている(この時の冠位は大山下)。天智天皇4年(665年)遣唐使として唐に渡る(このとき冠位は小錦と見えるが、上中下のいずれかは不明)。守氏は景行天皇皇子の大碓命の後裔を称する美濃の豪族。
rdfs:label
  • 守大石
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of