Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 学習リモコン(がくしゅうりもこん)とは、複数のリモートコントロール装置が発生させる操作信号を記憶(学習)して、一つのリモートコントロール装置で複数の機器を操作する事を可能にするための装置である。プログラマブルリモコンとも呼ばれる。現在、一般家庭の中には、赤外線を利用した雑多なリモコン装置が茶の間の机の上やオーディオセットの上などに散乱しているが、これらを集約させる事で利便性を向上させる目的を持つ。似た物ではマルチリモコンと呼ばれる機器もあるが、それも本稿で述べる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 191380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55596432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 学習リモコン(がくしゅうりもこん)とは、複数のリモートコントロール装置が発生させる操作信号を記憶(学習)して、一つのリモートコントロール装置で複数の機器を操作する事を可能にするための装置である。プログラマブルリモコンとも呼ばれる。現在、一般家庭の中には、赤外線を利用した雑多なリモコン装置が茶の間の机の上やオーディオセットの上などに散乱しているが、これらを集約させる事で利便性を向上させる目的を持つ。似た物ではマルチリモコンと呼ばれる機器もあるが、それも本稿で述べる。
rdfs:label
  • 学習リモコン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of