Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 学校群制度(がっこうぐんせいど)とは入試実施方法の一つである。いくつかの学校で「群れ」を作り、その中で学力が平均になるように合格者を振り分ける方法である。各自治体の公立高校全日制普通科のみが対象であり、専門学科や国立、私立高校は対象にならなかった。特に東京都、千葉県、愛知県、岐阜県、三重県、福井県において高校入試で学校間の格差をなくすために用いられた。学区内に数個の学校群を設定し、「単独選抜」と同様に学校群を志願者に選択させた点が「総合選抜」と異なる。共通点は、中学区制度かそれに近い形式を採ることである。学校群内各校の学力格差を無くし均質化を実現したことでは成果を挙げたが、学区内の学校群間で入試難易度の格差が新たに発生した。原則として本人の希望にかかわりなく合格者を学校群内各校に振り分けるしくみであるため(ただし、千葉県のみは一定割合の成績上位者の志望を考慮するしくみを組み込んでいた)、受験生の選択の自由は大きく制約され、この観点からの否定的な評価が多い。2004年までにすべて廃止された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 126524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59098326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 学校群制度(がっこうぐんせいど)とは入試実施方法の一つである。いくつかの学校で「群れ」を作り、その中で学力が平均になるように合格者を振り分ける方法である。各自治体の公立高校全日制普通科のみが対象であり、専門学科や国立、私立高校は対象にならなかった。特に東京都、千葉県、愛知県、岐阜県、三重県、福井県において高校入試で学校間の格差をなくすために用いられた。学区内に数個の学校群を設定し、「単独選抜」と同様に学校群を志願者に選択させた点が「総合選抜」と異なる。共通点は、中学区制度かそれに近い形式を採ることである。学校群内各校の学力格差を無くし均質化を実現したことでは成果を挙げたが、学区内の学校群間で入試難易度の格差が新たに発生した。原則として本人の希望にかかわりなく合格者を学校群内各校に振り分けるしくみであるため(ただし、千葉県のみは一定割合の成績上位者の志望を考慮するしくみを組み込んでいた)、受験生の選択の自由は大きく制約され、この観点からの否定的な評価が多い。2004年までにすべて廃止された。
rdfs:label
  • 学校群制度
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of