Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 孝(こう)とは、子供が自身の親に忠実に従うことを示す道徳概念。儒教の信奉者が、それを徳目と認識するものの一つ。身近なところから段階的に進められる儒教の徳治において、まず家庭で守られるべき徳として「悌」とともに重視された。「孝悌」と併用され、「孝悌は仁を為すの本」とされる。後述するように、他の宗教にも類するイデオロギーが存在する。現代では、子供を一方的に蔑む概念だ、「子供にとって有害な親(いわゆる毒親)はいない」という虚妄や、親への絶対の服従を促す概念だとして、否定的にとらえられている見解がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 242843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58084009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:独自研究
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:観点
  • 2015 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 孝(こう)とは、子供が自身の親に忠実に従うことを示す道徳概念。儒教の信奉者が、それを徳目と認識するものの一つ。身近なところから段階的に進められる儒教の徳治において、まず家庭で守られるべき徳として「悌」とともに重視された。「孝悌」と併用され、「孝悌は仁を為すの本」とされる。後述するように、他の宗教にも類するイデオロギーが存在する。現代では、子供を一方的に蔑む概念だ、「子供にとって有害な親(いわゆる毒親)はいない」という虚妄や、親への絶対の服従を促す概念だとして、否定的にとらえられている見解がある。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of