Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 存覚(ぞんかく)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての浄土真宗の僧である。父は覚如、弟は従覚。錦織寺四代。存覚は、初期浄土真宗における優れた教学者で、父覚如を助けて浄土真宗の教線拡大に尽力したが、本願寺留守職や東国における門徒への対応などをめぐり対立し、2度の義絶と和解が繰り返された。和解後も本願寺別当職を継承しなかった。存覚は終生にわたり教化活動に力を注ぎ、佛光寺の了源への多数の聖教書写を初め、関東や陸奥国・近江国・備後国などで多くの布教活動を行った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 407837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49822817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
prop-ja:名前
  • 存覺
prop-ja:宗旨
prop-ja:宗派
prop-ja:寺院
prop-ja:尊称
  • 存覚上人
prop-ja:
prop-ja:幼名
  • 光日麿(光刀丸とも)
prop-ja:弟子
prop-ja:生没年
  • --06-04
  • --07-11
prop-ja:著作
  • 『六要鈔』、『存覺上人一期記』、[[#著書
prop-ja:
  • 尊覺⇒光玄
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 存覚(ぞんかく)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての浄土真宗の僧である。父は覚如、弟は従覚。錦織寺四代。存覚は、初期浄土真宗における優れた教学者で、父覚如を助けて浄土真宗の教線拡大に尽力したが、本願寺留守職や東国における門徒への対応などをめぐり対立し、2度の義絶と和解が繰り返された。和解後も本願寺別当職を継承しなかった。存覚は終生にわたり教化活動に力を注ぎ、佛光寺の了源への多数の聖教書写を初め、関東や陸奥国・近江国・備後国などで多くの布教活動を行った。
rdfs:label
  • 存覚
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of