Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 子午線弧(しごせんこ、Meridian arc)とは、測地学において、地球表面又は地球楕円体に沿った南北方向の測地線をいう。地球楕円体で経線に沿う楕円の弧となる。天文学において、2地点の天文緯度測定と子午線弧の長さとを結合することで地球の円周・半径を決定した。その始まりは、紀元前3世紀のエジプトのエラトステネスで、地球が球体であることを定量的に示した。緯度差1分に相当する子午線弧長は、海里の定義にも参考にされた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1948682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59084689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 子午線弧(しごせんこ、Meridian arc)とは、測地学において、地球表面又は地球楕円体に沿った南北方向の測地線をいう。地球楕円体で経線に沿う楕円の弧となる。天文学において、2地点の天文緯度測定と子午線弧の長さとを結合することで地球の円周・半径を決定した。その始まりは、紀元前3世紀のエジプトのエラトステネスで、地球が球体であることを定量的に示した。緯度差1分に相当する子午線弧長は、海里の定義にも参考にされた。
rdfs:label
  • 子午線弧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of