子供(こども)とは次のような意味で使われている言葉である。 * 自分がもうけた子。親がもうけた子。親と一対になる子。親に対する子。 * 幼い者。年齢のいかない者。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児もをしている生命として子供に含める場合もある。 また、親子やとの相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる。

Property Value
dbo:abstract
  • 子供(こども)とは次のような意味で使われている言葉である。 * 自分がもうけた子。親がもうけた子。親と一対になる子。親に対する子。 * 幼い者。年齢のいかない者。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児もをしている生命として子供に含める場合もある。 また、親子やとの相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる。 (ja)
  • 子供(こども)とは次のような意味で使われている言葉である。 * 自分がもうけた子。親がもうけた子。親と一対になる子。親に対する子。 * 幼い者。年齢のいかない者。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児もをしている生命として子供に含める場合もある。 また、親子やとの相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 7281 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29113 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81352778 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Category:Children (ja)
  • Category:Children (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikt
  • こども (ja)
  • こども (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 子供(こども)とは次のような意味で使われている言葉である。 * 自分がもうけた子。親がもうけた子。親と一対になる子。親に対する子。 * 幼い者。年齢のいかない者。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児もをしている生命として子供に含める場合もある。 また、親子やとの相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる。 (ja)
  • 子供(こども)とは次のような意味で使われている言葉である。 * 自分がもうけた子。親がもうけた子。親と一対になる子。親に対する子。 * 幼い者。年齢のいかない者。(児童、小児)小・中学生を含めることもある。 考え方によっては、胎児もをしている生命として子供に含める場合もある。 また、親子やとの相対的関係を表したり、氏族・民族または宗教内での関係を示す場合にも使われる。何らかの概念との関係を示すためにも使われ、「自然児」や「1960年代の子供」のように特定の時や場所または環境等の状況を受けている人の集団を指して用いられることもある。 思慮や行動などが幼く足りない者のことも指して使われる用語もあり、幼稚さや要領・主体性の無さを表す言葉として「子供っぽい」「子供らしい」「子供の使い」等の慣用句もある。 なお、子供という単語は人間以外の動物にも使われたり、生物に限らない、大きいものと小さいものが組みになっている状態を指して「子持ち」という表現にも使われる。 (ja)
rdfs:label
  • 子供 (ja)
  • 子供 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:field of
is dbo:knownFor of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:モチーフ of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of