Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 姉小路 信綱(あねがこうじ のぶつな、生年不明 - 天正7年(1579年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。左衛門尉。姉小路頼綱(自綱)の長男。弟に秀綱、鍋山元綱(一宮綱広、小島基頼、三木季綱とも)、森直綱、三木近綱がいる。信綱の「信」は姉小路氏が一時期、織田氏と関係を深めた際に、織田信長からの偏諱を受けたものだとされる。天正7年(1579年)、父が居城を桜洞城から松倉城へ移した後に、桜洞城主となり家督を継ぐ。同年、謀反の疑いをかけられ父に誅殺された。殺害されたのは天正11年(1583年)という説もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1187840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57716784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 姉小路 信綱(あねがこうじ のぶつな、生年不明 - 天正7年(1579年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。左衛門尉。姉小路頼綱(自綱)の長男。弟に秀綱、鍋山元綱(一宮綱広、小島基頼、三木季綱とも)、森直綱、三木近綱がいる。信綱の「信」は姉小路氏が一時期、織田氏と関係を深めた際に、織田信長からの偏諱を受けたものだとされる。天正7年(1579年)、父が居城を桜洞城から松倉城へ移した後に、桜洞城主となり家督を継ぐ。同年、謀反の疑いをかけられ父に誅殺された。殺害されたのは天正11年(1583年)という説もある。
rdfs:label
  • 姉小路信綱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of