『妖逆門』(ばけぎゃもん)は、週刊少年サンデー2006年13号から2007年16号まで作画田村光久、原案協力藤田和日郎によって連載されていた漫画作品。2006年4月から1年間、テレビ東京系にてアニメ化された。また作品で登場する道具を基にしたカードゲームなども開発されている。 またメディアミックス作品であり、原作もアニメもほぼ同時期に連載・放映開始した。そのため設定は多くが共通するが、ストーリーは異なるものとなっている。 イズナ、一鬼、鎌鼬、くらぎなどの妖怪は、妖逆門のコンセプト・原案を手がけている藤田和日郎の漫画『うしおととら』に登場するものと共通している。

Property Value
dbo:abstract
  • 『妖逆門』(ばけぎゃもん)は、週刊少年サンデー2006年13号から2007年16号まで作画田村光久、原案協力藤田和日郎によって連載されていた漫画作品。2006年4月から1年間、テレビ東京系にてアニメ化された。また作品で登場する道具を基にしたカードゲームなども開発されている。 またメディアミックス作品であり、原作もアニメもほぼ同時期に連載・放映開始した。そのため設定は多くが共通するが、ストーリーは異なるものとなっている。 イズナ、一鬼、鎌鼬、くらぎなどの妖怪は、妖逆門のコンセプト・原案を手がけている藤田和日郎の漫画『うしおととら』に登場するものと共通している。 (ja)
  • 『妖逆門』(ばけぎゃもん)は、週刊少年サンデー2006年13号から2007年16号まで作画田村光久、原案協力藤田和日郎によって連載されていた漫画作品。2006年4月から1年間、テレビ東京系にてアニメ化された。また作品で登場する道具を基にしたカードゲームなども開発されている。 またメディアミックス作品であり、原作もアニメもほぼ同時期に連載・放映開始した。そのため設定は多くが共通するが、ストーリーは異なるものとなっている。 イズナ、一鬼、鎌鼬、くらぎなどの妖怪は、妖逆門のコンセプト・原案を手がけている藤田和日郎の漫画『うしおととら』に登場するものと共通している。 (ja)
dbo:creator
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 464873 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 51254 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79376469 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
  • 阿部智之 (ja)
  • 阿部智之 (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 妖逆門 (ja)
  • 妖逆門 (ja)
prop-ja:作画
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:前番組備考
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:原作
  • 藤田和日郎、中村学(コンセプトワークス) (ja)
  • 田村光久(連載) (ja)
  • 藤田和日郎、中村学(コンセプトワークス) (ja)
  • 田村光久(連載) (ja)
prop-ja:巻数
  • 全5巻 (ja)
  • 全5巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
prop-ja:放送終了
  • --03-26
prop-ja:放送開始
  • --04-03
prop-ja:次番組
  • ミュータント・タートルズ(2003年版) (ja)
  • ミュータント・タートルズ(2003年版) (ja)
prop-ja:番組名
  • (ja)
  • 妖逆門 -ばけぎゃもん- (ja)
  • (ja)
  • 妖逆門 -ばけぎゃもん- (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:終了号
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:製作
prop-ja:話数
  • 全51話 (ja)
  • 全51話 (ja)
prop-ja:開始号
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『妖逆門』(ばけぎゃもん)は、週刊少年サンデー2006年13号から2007年16号まで作画田村光久、原案協力藤田和日郎によって連載されていた漫画作品。2006年4月から1年間、テレビ東京系にてアニメ化された。また作品で登場する道具を基にしたカードゲームなども開発されている。 またメディアミックス作品であり、原作もアニメもほぼ同時期に連載・放映開始した。そのため設定は多くが共通するが、ストーリーは異なるものとなっている。 イズナ、一鬼、鎌鼬、くらぎなどの妖怪は、妖逆門のコンセプト・原案を手がけている藤田和日郎の漫画『うしおととら』に登場するものと共通している。 (ja)
  • 『妖逆門』(ばけぎゃもん)は、週刊少年サンデー2006年13号から2007年16号まで作画田村光久、原案協力藤田和日郎によって連載されていた漫画作品。2006年4月から1年間、テレビ東京系にてアニメ化された。また作品で登場する道具を基にしたカードゲームなども開発されている。 またメディアミックス作品であり、原作もアニメもほぼ同時期に連載・放映開始した。そのため設定は多くが共通するが、ストーリーは異なるものとなっている。 イズナ、一鬼、鎌鼬、くらぎなどの妖怪は、妖逆門のコンセプト・原案を手がけている藤田和日郎の漫画『うしおととら』に登場するものと共通している。 (ja)
rdfs:label
  • 妖逆門 (ja)
  • 妖逆門 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 妖逆門 (ja)
  • 妖逆門 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of