Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 妄想(もうそう、delusion)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(むしろ病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。日常的な会話でも用いられることもあるがそのときはいかがわしい考えや空想を表し、必ずしも病的な意味合いを含むわけではなく軽い意味で使われている。妄想と一言にくくっても、その内容や程度は個人差が大きい。軽度で生活に支障をほとんど来さないものから重大な支障を来すようなものまで様々である。本人が妄想であるとは自覚していない(「病識」がない)ことが多いが、漠然と非合理性に気づいている場合(いわゆる「病感」がある状態)、あるいは他者の前では隠すことができ生活に適応している場合(いわゆる「二重見当識」)など様々である。
dbpedia-owl:commonName
  • Delusion
dbpedia-owl:icd10
  • F22
dbpedia-owl:icd9
  • 297
dbpedia-owl:meshId
  • D003702
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 101821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58639012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:diseasesdb
  • 33439 (xsd:integer)
prop-ja:field
  • 精神医学
prop-ja:icd
  • 297 (xsd:integer)
  • F22
prop-ja:meshid
  • D003702
prop-ja:name
  • Delusion
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 妄想(もうそう、delusion)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(むしろ病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。日常的な会話でも用いられることもあるがそのときはいかがわしい考えや空想を表し、必ずしも病的な意味合いを含むわけではなく軽い意味で使われている。妄想と一言にくくっても、その内容や程度は個人差が大きい。軽度で生活に支障をほとんど来さないものから重大な支障を来すようなものまで様々である。本人が妄想であるとは自覚していない(「病識」がない)ことが多いが、漠然と非合理性に気づいている場合(いわゆる「病感」がある状態)、あるいは他者の前では隠すことができ生活に適応している場合(いわゆる「二重見当識」)など様々である。
rdfs:label
  • Delusion
  • 妄想
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of