Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 如宝(にょほう、天平3年(731年)- 弘仁6年1月7日(815年2月19日))は、奈良時代から平安時代にかけての律宗の渡来僧。出身地については不詳であるが、一説に、西域のソグド人。安如保・如保とも書かれる。孤児であったが、唐の律宗の僧鑑真に拾われて師事し、鑑真とともに754年(天平勝宝6年)日本へ来朝し、東大寺戒壇院で受戒している。一時下野薬師寺に住したこともあるが、鑑真の死によりその委嘱によって唐招提寺に戻ってそこに住し、伽藍の造営と律宗の高揚に尽力した。797年(延暦16年)に律師、806年(大同元年)に少僧都に任じられた。「日本後紀」の卒伝によれば、戒律を厳守し、大国の風格があったという。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 409534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58274253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-11
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人0815年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 如宝(にょほう、天平3年(731年)- 弘仁6年1月7日(815年2月19日))は、奈良時代から平安時代にかけての律宗の渡来僧。出身地については不詳であるが、一説に、西域のソグド人。安如保・如保とも書かれる。孤児であったが、唐の律宗の僧鑑真に拾われて師事し、鑑真とともに754年(天平勝宝6年)日本へ来朝し、東大寺戒壇院で受戒している。一時下野薬師寺に住したこともあるが、鑑真の死によりその委嘱によって唐招提寺に戻ってそこに住し、伽藍の造営と律宗の高揚に尽力した。797年(延暦16年)に律師、806年(大同元年)に少僧都に任じられた。「日本後紀」の卒伝によれば、戒律を厳守し、大国の風格があったという。
rdfs:label
  • 如宝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of