Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 奴振り(やっこふり・やっこぶり)は、武家の供揃えに由来する民俗芸能の一種で、挟箱(はさみばこ)、立傘(たてがさ)、台笠(だいがさ)、毛槍(けやり)などを所持する奴(やっこ)がおこなう独特の所作をさす。近世では大名行列の出立や国入りなどの要所で演じられており、その芸は歌舞伎舞踊の奴踊(やっこおどり)や、各地の祭礼行列に影響を与えた。現在でも、沖縄を除いた全国各地の祭礼行列で見ることができ、その数は300ヶ所とも言われている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1924848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49988579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 奴振り(やっこふり・やっこぶり)は、武家の供揃えに由来する民俗芸能の一種で、挟箱(はさみばこ)、立傘(たてがさ)、台笠(だいがさ)、毛槍(けやり)などを所持する奴(やっこ)がおこなう独特の所作をさす。近世では大名行列の出立や国入りなどの要所で演じられており、その芸は歌舞伎舞踊の奴踊(やっこおどり)や、各地の祭礼行列に影響を与えた。現在でも、沖縄を除いた全国各地の祭礼行列で見ることができ、その数は300ヶ所とも言われている。
rdfs:label
  • 奴振り
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of