Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 女真(女眞、じょしん)は、女直(じょちょく)ともいい、満洲の松花江一帯から外興安嶺(スタノヴォイ山脈)以南の外満州にかけて居住していた満州民族。10世紀ごろから記録に現れ、17世紀に「満洲」(「マンジュ」と発音)と改称した。「女真」の漢字は女真語の民族名「ジュシェン」(または「ジュルチン」)の当て字である。「女直」は遼興宗の諱(耶律宗真)に含まれる「真」の字を避けた(避諱)ため用いられるようになった。金朝を滅ぼしたモンゴル帝国および元朝時代の漢文資料ではおおよそ「女直」の方で書かれる傾向にあるようだが、同じくモンゴル帝国時代に編纂されたペルシア語の歴史書『集史』などでも金朝や女真人について言及される場合、「女直」の音写である جورچه jūrcha で呼ばれている。民族の聖地を長白山としている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57913195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:hangul
  • 여진 / 녀진
prop-ja:lang
  • 契丹語
  • 女真語
prop-ja:lang1Content
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:lang2Content
  • dʒuuldʒi
prop-ja:mon
  • Зүрчид
prop-ja:mr
  • Yŏjin / Nyŏjin
prop-ja:p
  • Nǚzhēn
prop-ja:rr
  • Yeojin / Nyeojin
prop-ja:s
  • 女真
prop-ja:t
  • 女眞
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 女真(女眞、じょしん)は、女直(じょちょく)ともいい、満洲の松花江一帯から外興安嶺(スタノヴォイ山脈)以南の外満州にかけて居住していた満州民族。10世紀ごろから記録に現れ、17世紀に「満洲」(「マンジュ」と発音)と改称した。「女真」の漢字は女真語の民族名「ジュシェン」(または「ジュルチン」)の当て字である。「女直」は遼興宗の諱(耶律宗真)に含まれる「真」の字を避けた(避諱)ため用いられるようになった。金朝を滅ぼしたモンゴル帝国および元朝時代の漢文資料ではおおよそ「女直」の方で書かれる傾向にあるようだが、同じくモンゴル帝国時代に編纂されたペルシア語の歴史書『集史』などでも金朝や女真人について言及される場合、「女直」の音写である جورچه jūrcha で呼ばれている。民族の聖地を長白山としている。
rdfs:label
  • 女真
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of