Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 女御(にょうご)は、天皇の後宮の身位の一つで、天皇の寝所に侍した。名称は、中国(周)の官制を記した書「周礼」に由来する。位は、皇后・中宮につぐ。また、女御のうち、女性皇族たる女王が女御となった場合の呼称を王女御という。初見は「日本書紀」雄略天皇の条であるが、実際は桓武天皇のとき紀乙魚(き の おとな)・百済王教法などを女御としたのに始まる。はじめ位は低かったが、その位は次第に高まり、平安時代中期以降、皇后は女御から昇進する慣例となった。最後の女御は孝明天皇の女御である九条夙子(英照皇太后)。定員はなく、複数の女御がいる場合は住まう殿舎の名を取って「承香殿女御」などと呼んだ。応仁の乱以後、中宮昇進のための儀式の捻出が困難になると、摂関家出身の后妃といえども女御に留まる場合が多くなる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 360564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52452239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 女御(にょうご)は、天皇の後宮の身位の一つで、天皇の寝所に侍した。名称は、中国(周)の官制を記した書「周礼」に由来する。位は、皇后・中宮につぐ。また、女御のうち、女性皇族たる女王が女御となった場合の呼称を王女御という。初見は「日本書紀」雄略天皇の条であるが、実際は桓武天皇のとき紀乙魚(き の おとな)・百済王教法などを女御としたのに始まる。はじめ位は低かったが、その位は次第に高まり、平安時代中期以降、皇后は女御から昇進する慣例となった。最後の女御は孝明天皇の女御である九条夙子(英照皇太后)。定員はなく、複数の女御がいる場合は住まう殿舎の名を取って「承香殿女御」などと呼んだ。応仁の乱以後、中宮昇進のための儀式の捻出が困難になると、摂関家出身の后妃といえども女御に留まる場合が多くなる。
rdfs:label
  • 女御
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:身位 of
is foaf:primaryTopic of