Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『女だけの都』(おんなだけのみやこ)は、1935年公開のフランス映画。突然町にやって来たスペイン軍が、女たちの機転で平和裡に一夜を過ごして去る。17世紀初頭のフランドルを舞台にした艶笑的風刺物語。監督のジャック・フェデーと脚本のシャルル・スパーク(Charles Spaak)は共に、フランドルの後身であるベルギーの生まれである。フェデー夫人のフランソワーズ・ロゼーが、町の危急を救う町長夫人を演じた。従軍司祭役のルイ・ジューヴェの生臭坊主ぶりも光る。原題のLa Kermesse héroïqueは「英雄的な祭り」の意。邦題は、輸入元の東和商事が公募により定めた。
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1028060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50616764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 114 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 女だけの都
prop-ja:公開
  • 1937 (xsd:integer)
  • --12-03
prop-ja:出演者
prop-ja:原題
  • La Kermesse héroïque
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:製作会社
  • トビス社(Tobis)
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
  • ルイ・ベイツ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『女だけの都』(おんなだけのみやこ)は、1935年公開のフランス映画。突然町にやって来たスペイン軍が、女たちの機転で平和裡に一夜を過ごして去る。17世紀初頭のフランドルを舞台にした艶笑的風刺物語。監督のジャック・フェデーと脚本のシャルル・スパーク(Charles Spaak)は共に、フランドルの後身であるベルギーの生まれである。フェデー夫人のフランソワーズ・ロゼーが、町の危急を救う町長夫人を演じた。従軍司祭役のルイ・ジューヴェの生臭坊主ぶりも光る。原題のLa Kermesse héroïqueは「英雄的な祭り」の意。邦題は、輸入元の東和商事が公募により定めた。
rdfs:label
  • 女だけの都
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 女だけの都
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of