Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 奥村 土牛(おくむら とぎゅう、1889年2月18日 - 1990年9月25日)は現代の代表的な日本画家の一人。本名:義三(よしぞう)。号である「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけられた。刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。<富士山図>が著名で、皇居にも飾られている。
dbpedia-owl:deathDate
  • 1990-09-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 209656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58525674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthName
  • 義三
prop-ja:birthPlace
  • 東京府東京市京橋区南鞘町
prop-ja:deathDate
  • 1990-09-25 (xsd:date)
prop-ja:elected
prop-ja:influencedBy
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • 奥村土牛
prop-ja:notableWorks
  • [[#代表的な作品
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 奥村 土牛(おくむら とぎゅう、1889年2月18日 - 1990年9月25日)は現代の代表的な日本画家の一人。本名:義三(よしぞう)。号である「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけられた。刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。<富士山図>が著名で、皇居にも飾られている。
rdfs:label
  • 奥村土牛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 奥村土牛
is dbpedia-owl:illustrator of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of