Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 奥州後三年記(おうしゅうごさんねんき)は、平安時代後期の永保3年(1083年)から、寛治2年(1088年)にかけての、陸奥・出羽両国にまたがった争乱、いわゆる「後三年の役」、または「義家合戦」と呼ばれるものを描いたものである。「三年」とされるのは京に合戦が伝わった応徳3年(1086年)の沼柵の戦いから、義家が陸奥守を解任された寛治2年(1088年)までを指す。その成立は、平安時代末期の承安元年(1171年)と、南北朝時代の貞和3年(1347年)の2段階があり、現在目に出来るものは、南北朝時代に描かれた絵巻の、詞書のみを書き出したもの。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1262239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58531577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 奥州後三年記(おうしゅうごさんねんき)は、平安時代後期の永保3年(1083年)から、寛治2年(1088年)にかけての、陸奥・出羽両国にまたがった争乱、いわゆる「後三年の役」、または「義家合戦」と呼ばれるものを描いたものである。「三年」とされるのは京に合戦が伝わった応徳3年(1086年)の沼柵の戦いから、義家が陸奥守を解任された寛治2年(1088年)までを指す。その成立は、平安時代末期の承安元年(1171年)と、南北朝時代の貞和3年(1347年)の2段階があり、現在目に出来るものは、南北朝時代に描かれた絵巻の、詞書のみを書き出したもの。
rdfs:label
  • 奥州後三年記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of