Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 契丹文字(きったんもじ)は、10-12世紀にかけて、現在の中国北部とモンゴル高原にあたる地域を支配していた半農半牧民族の契丹(キタイ)人によって使用された文字。遼の太祖耶律阿保機が制定したとされる表意文字(契丹大字)と、太祖の弟であった耶律迭剌が制定したとされる表音文字(契丹小字)の2種類の文字が存在する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 46233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4922 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55440314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 契丹小字七言絶句銅鏡
prop-ja:creator
prop-ja:languages
prop-ja:name
  • 契丹文字
prop-ja:sample
  • Khitan mirror from Korea.jpg
prop-ja:time
  • 920 (xsd:integer)
prop-ja:type
  • 未解読
prop-ja:unicode
  • 割り当てなし
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 契丹文字(きったんもじ)は、10-12世紀にかけて、現在の中国北部とモンゴル高原にあたる地域を支配していた半農半牧民族の契丹(キタイ)人によって使用された文字。遼の太祖耶律阿保機が制定したとされる表意文字(契丹大字)と、太祖の弟であった耶律迭剌が制定したとされる表音文字(契丹小字)の2種類の文字が存在する。
rdfs:label
  • 契丹文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:children of
is prop-ja:fam of
is prop-ja:script of
is foaf:primaryTopic of