Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 奉書紙(ほうしょがみ)は、楮を原料とした厚手の紙。基本的な構造は楮紙と同じであるが、黄葵の根や白土などを混ぜてより強度と厚みを増やしている。越前奉書が有名。室町時代ころから漉かれていた。室町幕府がこの紙を公文書として用いた事から、命令書の意の「奉書」紙と呼ばれるようになったという。後に技術が全国に伝播し、各地で奉書紙が作られるようになった。現在も、主として儀礼用に用いれており、神道の祝詞用にも使われている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 536550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58018274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 奉書紙(ほうしょがみ)は、楮を原料とした厚手の紙。基本的な構造は楮紙と同じであるが、黄葵の根や白土などを混ぜてより強度と厚みを増やしている。越前奉書が有名。室町時代ころから漉かれていた。室町幕府がこの紙を公文書として用いた事から、命令書の意の「奉書」紙と呼ばれるようになったという。後に技術が全国に伝播し、各地で奉書紙が作られるようになった。現在も、主として儀礼用に用いれており、神道の祝詞用にも使われている。
rdfs:label
  • 奉書紙
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of