Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 奉天会戦(ほうてんかいせん)は、1905年3月1日から3月10日にかけて行われた、日露戦争最後の会戦である。奉天は現在の中華人民共和国遼寧省の瀋陽。双方あわせて60万に及ぶ将兵が18日間に亘って満州の荒野で激闘を繰り広げ、世界史上でも希に見る大規模な会戦となった。しかしこの戦いだけでは日露戦争全体の決着にはつながらず、それには5月の日本海海戦の結果を待つことになる。参加兵力は大日本帝国陸軍24万人、ロシア帝国軍36万人。指揮官は日本側大山巌(実質的には参謀長の児玉源太郎)、ロシア側アレクセイ・クロパトキン。
dbpedia-owl:casualties
  • 7539 (xsd:integer)
  • 8705 (xsd:integer)
  • 15892 (xsd:integer)
  • 28209 (xsd:integer)
  • 51438 (xsd:integer)
  • 59612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:description
  • ロシア側の図。上方に奉天(Мукден)、下方に左から日本の第2軍(2Армия)・第4軍・第1軍・後方に第3軍の配置が見える。
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 日本の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 約240,000人
  • 約360,000人
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58677717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 奉天会戦
prop-ja:campaign
  • 日露戦争
prop-ja:caption
  • ロシア側の図。上方に奉天、下方に左から日本の第2軍・第4軍・第1軍・後方に第3軍の配置が見える。
prop-ja:casualties
  • 捕虜28,209人
  • 死者15,892人
  • 死者8,705人
  • 行方不明7,539人
  • 負傷者51,438人
  • 負傷者59,612人
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --02-21
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 日本の勝利
prop-ja:strength
  • 約240,000人
  • 約360,000人
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 奉天会戦(ほうてんかいせん)は、1905年3月1日から3月10日にかけて行われた、日露戦争最後の会戦である。奉天は現在の中華人民共和国遼寧省の瀋陽。双方あわせて60万に及ぶ将兵が18日間に亘って満州の荒野で激闘を繰り広げ、世界史上でも希に見る大規模な会戦となった。しかしこの戦いだけでは日露戦争全体の決着にはつながらず、それには5月の日本海海戦の結果を待つことになる。参加兵力は大日本帝国陸軍24万人、ロシア帝国軍36万人。指揮官は日本側大山巌(実質的には参謀長の児玉源太郎)、ロシア側アレクセイ・クロパトキン。
rdfs:label
  • 奉天会戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 奉天会戦
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of