Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 失策(しっさく)とは、野球やクリケットなどにおいて守備を行っている野手・投手が、ミス(ミステイク、失敗)により、打者の打撃の時間を延ばしたり、アウトにするはずの打者・走者をアウトにできなかったり、余分な進塁を許したりすること、またその回数を示す記録をいう。エラーとも呼ぶ。暴投、捕逸、野手選択は失策に含まれない。各々のプレイの結果が失策であるかどうかは、公式記録員の判断による。そのため、広い守備範囲を持ち、多くの打球に対して積極的に捕球を試みる選手はたとえ守備の技術に優れていたとしても失策が増える可能性があり、逆に守備の技術が劣っていても、きわどい打球の捕球を積極的に試みない守備範囲の狭い選手は失策数が伸びない可能性もあり、失策数の多少のみを基準にして守備の巧さを測ることはできない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 173958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58460451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 失策(しっさく)とは、野球やクリケットなどにおいて守備を行っている野手・投手が、ミス(ミステイク、失敗)により、打者の打撃の時間を延ばしたり、アウトにするはずの打者・走者をアウトにできなかったり、余分な進塁を許したりすること、またその回数を示す記録をいう。エラーとも呼ぶ。暴投、捕逸、野手選択は失策に含まれない。各々のプレイの結果が失策であるかどうかは、公式記録員の判断による。そのため、広い守備範囲を持ち、多くの打球に対して積極的に捕球を試みる選手はたとえ守備の技術に優れていたとしても失策が増える可能性があり、逆に守備の技術が劣っていても、きわどい打球の捕球を積極的に試みない守備範囲の狭い選手は失策数が伸びない可能性もあり、失策数の多少のみを基準にして守備の巧さを測ることはできない。
rdfs:label
  • 失策
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of