Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 伝統中国医学における太陽経病(たいようけいびょう)は、六経病の一つで一番はじめに起こる外感性疾病。三陰三陽病では太陽病である。熱病は、陽の一番強い太陽経(小腸経、膀胱経)に外邪(寒邪)がまず侵襲、太陽経の巡る頭頂部が痛み、腰背部が強ばる症状を引き起こす。次に陽明経病に移行する。三陽経病が病を受けても、未だ臓に侵入しないものは、発汗によって治癒しうる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1585828 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 39819267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 伝統中国医学における太陽経病(たいようけいびょう)は、六経病の一つで一番はじめに起こる外感性疾病。三陰三陽病では太陽病である。熱病は、陽の一番強い太陽経(小腸経、膀胱経)に外邪(寒邪)がまず侵襲、太陽経の巡る頭頂部が痛み、腰背部が強ばる症状を引き起こす。次に陽明経病に移行する。三陽経病が病を受けても、未だ臓に侵入しないものは、発汗によって治癒しうる。
rdfs:label
  • 太陽経病
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of