太陽系(たいようけい、英語: Solar System、ラテン語: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される惑星系である。おもに、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などのといった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。

Property Value
dbo:abstract
  • 太陽系(たいようけい、英語: Solar System、ラテン語: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される惑星系である。おもに、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などのといった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 ほかにも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、おもに氷からなる太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはセドノイドと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類されることがある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、さまざまな小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現されることがある。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体からなる環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。 (ja)
  • 太陽系(たいようけい、英語: Solar System、ラテン語: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される惑星系である。おもに、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などのといった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 ほかにも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、おもに氷からなる太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはセドノイドと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類されることがある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、さまざまな小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現されることがある。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体からなる環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2693 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 102650 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81621809 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 銀河系における太陽系の位置(黄矢印) (ja)
  • 銀河系における太陽系の位置(黄矢印) (ja)
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • horizontal (ja)
prop-ja:footer
  • ((左は内太陽系、右は海王星を除くすべての惑星)) (ja)
  • 太陽系の惑星はほぼ黄道面上を公転している。太陽に近いほど、公転速度は速くなる。 (ja)
  • ((左は内太陽系、右は海王星を除くすべての惑星)) (ja)
  • 太陽系の惑星はほぼ黄道面上を公転している。太陽に近いほど、公転速度は速くなる。 (ja)
prop-ja:image
  • 259200.0
  • Solarsystem3DJupiter.gif (ja)
prop-ja:width
  • 137 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:和名
  • 太陽系 (ja)
  • 太陽系 (ja)
prop-ja:
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Planets2013.svg (ja)
  • Planets2013.svg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 太陽系の惑星(距離は実際の比率ではない) (ja)
  • 太陽系の惑星(距離は実際の比率ではない) (ja)
prop-ja:
  • #000000 (ja)
  • #000000 (ja)
prop-ja:英名
  • Solar System (ja)
  • Solar System (ja)
prop-ja:見出し
  • 特性 (ja)
  • 銀河系における軌道要素 (ja)
  • 特性 (ja)
  • 銀河系における軌道要素 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 太陽系(たいようけい、英語: Solar System、ラテン語: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される惑星系である。おもに、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などのといった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 (ja)
  • 太陽系(たいようけい、英語: Solar System、ラテン語: systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体から構成される惑星系である。おもに、現在確認されている8個の惑星、5個の準惑星、それらを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などからなる。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星ではもっとも小さい水星よりも直径が大きい。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星・金星・地球・火星は、おもに岩石からなる地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、おもに水素とヘリウムからなる木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などのといった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質からなる天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 (ja)
rdfs:label
  • 太陽系 (ja)
  • 太陽系 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:定義 of
is prop-ja:画像説明 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of