Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 太陽同期軌道(たいようどうききどう、英語: Sun-synchronous orbit、略称:SSO)とは、地球を周回する人工衛星の軌道のうち、太陽光線と衛星の軌道面とのなす角が常に一定となる軌道である。北極と南極の上空を結ぶ極軌道に現われる。軌道傾斜角が95度以上の、地球の自転に対してやや逆行した軌道である。太陽同期軌道とは、地球が周期一年で太陽の周りを公転するのにぴたりと一致させて、衛星が地球の周りを公転する軌道が描く平面、つまり軌道面が、地軸の周りを年一回の周期で回転する軌道なのである。地球から見ると、太陽と太陽同期軌道とは位置関係が年間を通じて毎日同時刻に一定となっているように見え、太陽同期軌道(衛星側)から地球を見ると太陽光の入射角が常に同じになる。すなわち同一条件下での地球表面の観測が可能となり、この軌道がその観測に適している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1254276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47200776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 太陽同期軌道(たいようどうききどう、英語: Sun-synchronous orbit、略称:SSO)とは、地球を周回する人工衛星の軌道のうち、太陽光線と衛星の軌道面とのなす角が常に一定となる軌道である。北極と南極の上空を結ぶ極軌道に現われる。軌道傾斜角が95度以上の、地球の自転に対してやや逆行した軌道である。太陽同期軌道とは、地球が周期一年で太陽の周りを公転するのにぴたりと一致させて、衛星が地球の周りを公転する軌道が描く平面、つまり軌道面が、地軸の周りを年一回の周期で回転する軌道なのである。地球から見ると、太陽と太陽同期軌道とは位置関係が年間を通じて毎日同時刻に一定となっているように見え、太陽同期軌道(衛星側)から地球を見ると太陽光の入射角が常に同じになる。すなわち同一条件下での地球表面の観測が可能となり、この軌道がその観測に適している。
rdfs:label
  • 太陽同期軌道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:orbit of
is prop-ja:orbitRegime of
is prop-ja:orbitType of
is prop-ja:payloadLocation of
is prop-ja:軌道 of
is foaf:primaryTopic of