Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『太陽と鉄』(たいようとてつ)は、三島由紀夫の自伝的随筆・評論。三島自身は、「告白と批評との中間形態」としている。主に自らの肉体と精神、生と死、文と武を主題に書かれたもので、三島の文学、思想、その死(三島事件)を論じるにあたり重要な作品である。刊行に際しては、終章として自衛隊の練習機「F104機」に乗った記録の随筆と長詩を付加している。〈太陽〉との2度の出会い(昭和20年の夏の敗戦と昭和27年の海外旅行体験)を通じて「思考」が語られ、〈鉄〉はボディビルの鉄塊の重量(肉体をあるべきであつた姿に押し戻す働き)」として「筋肉」との関連で語られている。1965年(昭和40年)、季刊雑誌『批評』11月号から1968年(昭和43年)6月号まで10回連載された。その後、1968年(昭和43年)、文芸雑誌『文藝』2月号に掲載された随筆「F104」(のち「太陽と鉄 エピロオグ―F104」)と、1967年(昭和42年)3月14日に即興で執筆していた長詩「イカロス」を終章として加え、1968年(昭和43年)10月に講談社より単行本刊行された。翻訳版はジョン・ベスター訳(英題:Sun and Steel)で行われている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1470150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58727734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 装幀:横山明
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • Sun and Steel
prop-ja:pages
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
  • 書物
prop-ja:published
  • --10-20
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 太陽と鉄
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『太陽と鉄』(たいようとてつ)は、三島由紀夫の自伝的随筆・評論。三島自身は、「告白と批評との中間形態」としている。主に自らの肉体と精神、生と死、文と武を主題に書かれたもので、三島の文学、思想、その死(三島事件)を論じるにあたり重要な作品である。刊行に際しては、終章として自衛隊の練習機「F104機」に乗った記録の随筆と長詩を付加している。〈太陽〉との2度の出会い(昭和20年の夏の敗戦と昭和27年の海外旅行体験)を通じて「思考」が語られ、〈鉄〉はボディビルの鉄塊の重量(肉体をあるべきであつた姿に押し戻す働き)」として「筋肉」との関連で語られている。1965年(昭和40年)、季刊雑誌『批評』11月号から1968年(昭和43年)6月号まで10回連載された。その後、1968年(昭和43年)、文芸雑誌『文藝』2月号に掲載された随筆「F104」(のち「太陽と鉄 エピロオグ―F104」)と、1967年(昭和42年)3月14日に即興で執筆していた長詩「イカロス」を終章として加え、1968年(昭和43年)10月に講談社より単行本刊行された。翻訳版はジョン・ベスター訳(英題:Sun and Steel)で行われている。
rdfs:label
  • 太陽と鉄
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Sun and Steel
  • 太陽と鉄
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of