太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。律令下においては具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。明治の太政官では天皇の役割を代行する政府首脳としての官職であった。

Property Value
dbo:abstract
  • 太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。律令下においては具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。明治の太政官では天皇の役割を代行する政府首脳としての官職であった。 (ja)
  • 太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。律令下においては具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。明治の太政官では天皇の役割を代行する政府首脳としての官職であった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 74664 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 41324 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81318108 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:任命者
prop-ja:任命者役職
prop-ja:任期
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:俸給
  • 月額 800円 (ja)
  • 月額 800円 (ja)
prop-ja:公用語名
  • Prime Minister of Japan (ja)
  • だじょうだいじん (ja)
  • Prime Minister of Japan (ja)
  • だじょうだいじん (ja)
prop-ja:初代就任者
prop-ja:廃止年月日
  • --12-22
prop-ja:廃止時在任者
  • 三条実美 (ja)
  • 三条実美 (ja)
prop-ja:担当官庁
prop-ja:正式名称
  • 太政大臣 (ja)
  • 太政大臣 (ja)
prop-ja:現職就任日
  • --09-13
prop-ja:紋章
  • Imperial Seal of Japan.svg (ja)
  • Imperial Seal of Japan.svg (ja)
prop-ja:紋章名
  • 菊紋章 (ja)
  • 菊紋章 (ja)
prop-ja:設置年月日
  • --09-13
dct:subject
rdfs:comment
  • 太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。律令下においては具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。明治の太政官では天皇の役割を代行する政府首脳としての官職であった。 (ja)
  • 太政大臣(だいじょうだいじん/だじょうだいじん)は、太政官の長官。前近代日本の律令官制と明治時代の太政官制における朝廷の最高職。唐名は「(大)相国」「太師」。和訓は「おおまつりごとのおおまえつぎみ/おおきおとど」。定員1名。律令下においては具体的な職掌のない名誉職で、適任者がなければ設置しない則闕(そっけつ)の官とされた。明治の太政官では天皇の役割を代行する政府首脳としての官職であった。 (ja)
rdfs:label
  • 太政大臣 (ja)
  • 太政大臣 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:代表 of
is prop-ja:官位 of
is prop-ja:職名 of
is foaf:primaryTopic of