Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 天龍型軽巡洋艦(てんりゅうがた けいじゅんようかん)は大日本帝国海軍が第一次世界大戦後に初めて建造した軽巡洋艦の艦級で同型艦は2隻。八八艦隊計画で作られた3,500t型軽巡洋艦で日本海軍における近代的軽巡洋艦の第一陣である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1030701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56168054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 天龍型軽巡洋艦(てんりゅうがた けいじゅんようかん)は大日本帝国海軍が第一次世界大戦後に初めて建造した軽巡洋艦の艦級で同型艦は2隻。八八艦隊計画で作られた3,500t型軽巡洋艦で日本海軍における近代的軽巡洋艦の第一陣である。
rdfs:label
  • 天龍型軽巡洋艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:クラス of
is foaf:primaryTopic of