Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『天皇の世紀』(てんのうのせいき)は、大佛次郎の歴史小説。1967年1月1日から1973年4月25日まで「朝日新聞」朝刊に連載され朝日新聞社刊。のちに明治天皇となる祐宮誕生、ペリーの黒船来航から戊辰戦争に至るまでの激動の幕末維新の時代を膨大な歴史資料を駆使して描いた作品。作者のライフワークとなったが、休載直後の1973年4月30日に死去したため未完となった。絶筆となった回の原稿の仕上げに「病気休載」と書いて締めくくっている。第一部の1971年9月4日から11月27日まではテレビドラマとして、第二部の1973年10月7日から1974年3月31日まではテレビドキュメンタリーとして朝日放送制作(当時TBS系列)で放送された。なお第二部を製作するにあたり、 との大佛のコメントを肉声と字幕にて第1話冒頭に表示した。ドキュメンタリーという体裁ではあるが、一部は再現ドラマ的演出を加えており、ロケーションでは現代の町中に、物語が描かれた当時の雰囲気を再現し、現代の人たちが振りむくという件が紹介されたこともあった。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 900015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58519926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
  • 歴史随筆
prop-ja:language
prop-ja:opテーマ
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1974 (xsd:integer)
  • (初出)1969年-1973年(大佛の死没に伴い未完結)
prop-ja:publisher
  • 朝日新聞社出版局(現・朝日新聞出版 1974・77・2006年)
  • 文芸春秋(2010年)
prop-ja:title
  • 天皇の世紀
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
  • 歴史随筆・時代劇
  • 歴史随筆・紀行ドキュメンタリー
prop-ja:ナレーター
prop-ja:プロデューサー
prop-ja:企画
prop-ja:出演者
  • [[#キャスト
  • (司会・レポーター)伊丹十三
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
  • 新・歴史を旅する
prop-ja:原作
prop-ja:放送分
  • 30 (xsd:integer)
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 8 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送時間
  • 土曜22:00-22:54
  • 日曜10:30-11:00
prop-ja:放送期間
  • --09-04
  • --10-07
prop-ja:放送枠
  • 日曜午前10時台後半
prop-ja:時代設定
  • 幕末~明治時代
prop-ja:次番組
  • 歴史を旅する
prop-ja:番組名
  • 天皇の世紀
  • 天皇の世紀(第1部)
  • 天皇の世紀(第2部)
prop-ja:脚本
  • [[#スタッフ(第一部)
prop-ja:製作総指揮
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『天皇の世紀』(てんのうのせいき)は、大佛次郎の歴史小説。1967年1月1日から1973年4月25日まで「朝日新聞」朝刊に連載され朝日新聞社刊。のちに明治天皇となる祐宮誕生、ペリーの黒船来航から戊辰戦争に至るまでの激動の幕末維新の時代を膨大な歴史資料を駆使して描いた作品。作者のライフワークとなったが、休載直後の1973年4月30日に死去したため未完となった。絶筆となった回の原稿の仕上げに「病気休載」と書いて締めくくっている。第一部の1971年9月4日から11月27日まではテレビドラマとして、第二部の1973年10月7日から1974年3月31日まではテレビドキュメンタリーとして朝日放送制作(当時TBS系列)で放送された。なお第二部を製作するにあたり、 との大佛のコメントを肉声と字幕にて第1話冒頭に表示した。ドキュメンタリーという体裁ではあるが、一部は再現ドラマ的演出を加えており、ロケーションでは現代の町中に、物語が描かれた当時の雰囲気を再現し、現代の人たちが振りむくという件が紹介されたこともあった。
rdfs:label
  • 天皇の世紀
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 天皇の世紀
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of