Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写:Ouranos)のラテン語形である。最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59173150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.510000 (xsd:double)
prop-ja:主恒星
prop-ja:仮符号・別名
  • ハーシェル
prop-ja:会合周期
  • 369.660000 (xsd:double)
prop-ja:元期
  • --01-01
prop-ja:公転周期
  • 84.253010 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • 天王星25px
prop-ja:大気圧
  • 深さによって異なる
prop-ja:平均公転半径
  • 2.87099E9
prop-ja:平均密度
  • 1.320000 (xsd:double)
prop-ja:平均表面温度
  • 68.0
prop-ja:平均距離
  • 19.21845
prop-ja:平均距離対象
prop-ja:平均近点角
  • 348.438200 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 74.047600 (xsd:double)
prop-ja:最大表面温度
prop-ja:最小表面温度
  • 59.0
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Uranus2.jpg
prop-ja:画像背景色
  • #000000
prop-ja:発見方法
  • 自宅の望遠鏡による観測
prop-ja:発見日
  • --03-13
prop-ja:発見者
prop-ja:相対対象
  • 地球
prop-ja:相対質量
  • 14.536000 (xsd:double)
prop-ja:脱出速度
  • 21.3
prop-ja:自転周期
  • 17 (xsd:integer)
  • (0.7183 日)
  • (逆行)
prop-ja:
  • 天王星型惑星
prop-ja:英名
  • Uranus
prop-ja:衛星数
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:表面積
  • 8.13
prop-ja:表面重力
  • 7.77
prop-ja:質量
  • 8.686
prop-ja:赤道傾斜角
  • 97.860000 (xsd:double)
prop-ja:赤道直径
  • 51118.0
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 0.773300 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 173.124200 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 18.286
prop-ja:遠日点距離
  • 20.096
prop-ja:離心率
  • 0.046380 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写:Ouranos)のラテン語形である。最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。
rdfs:label
  • 天王星
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:主惑星 of
is prop-ja:平均距離対象 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of