Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 天津条約(てんしんじょうやく, Treaty of Tianjin)は、中国の天津において、清国と諸外国間に締結された17条約の通称。1857年に始まったアロー戦争で英仏連合軍が広州を占領し、さらに北上して天津を制圧したため、清朝が天津でロシア帝国・アメリカ合衆国・イギリス・フランスの4国と結んだ。この条約は広範囲な外国の特権を規定しており、それ以後の不平等条約の根幹となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 159751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57362740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --04-12
prop-ja:正確性
  • --04-12
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 天津条約(てんしんじょうやく, Treaty of Tianjin)は、中国の天津において、清国と諸外国間に締結された17条約の通称。1857年に始まったアロー戦争で英仏連合軍が広州を占領し、さらに北上して天津を制圧したため、清朝が天津でロシア帝国・アメリカ合衆国・イギリス・フランスの4国と結んだ。この条約は広範囲な外国の特権を規定しており、それ以後の不平等条約の根幹となった。
rdfs:label
  • 天津条約 (1858年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of