Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 天文単位(てんもんたんい、英: astronomical unit、記号: au)は天文学で用いられる長さの単位で、地球と太陽との平均距離に由来し、現在の定義では 149 597 870 700 m と等しいと定められている。主に太陽系内の天体(惑星など)間距離に用いられ、特に天体暦の単位系(天文単位系)では、太陽質量と並び重要な単位である。国際単位系 (SI) に属する単位ではないが、SI国際文書においてSIとの併用が認められている単位(SI単位で表される数値が実験的に得られるもの)とされている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 11706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59207598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:si
  • 149 597 870 700 m
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
  • SI単位と併用される非 SI 単位(SI併用単位)
prop-ja:名称
  • 天文単位
prop-ja:定義
  • 149 597 870 700 m
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 地球と太陽との平均距離(太陽からのニュートン的重力のみを受けガウス年を周期として円運動するテスト粒子の軌道半径)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:記号
  • au
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 天文単位(てんもんたんい、英: astronomical unit、記号: au)は天文学で用いられる長さの単位で、地球と太陽との平均距離に由来し、現在の定義では 149 597 870 700 m と等しいと定められている。主に太陽系内の天体(惑星など)間距離に用いられ、特に天体暦の単位系(天文単位系)では、太陽質量と並び重要な単位である。国際単位系 (SI) に属する単位ではないが、SI国際文書においてSIとの併用が認められている単位(SI単位で表される数値が実験的に得られるもの)とされている。
rdfs:label
  • 天文単位
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:軌道長半径 of
is foaf:primaryTopic of