Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大鳴戸 灘之助(おおなると なだのすけ、生年不明 - 1817年9月29日〈文化14年8月19日〉)は、江戸時代後期(享和 - 文化年間)に活躍した元力士。大坂相撲から東京相撲に移ったが、所属部屋は大坂・東京とも不明。本名・身長・体重も不明。播磨国(現在の兵庫県南西部)出身。最高位は東前頭2枚目。大坂相撲でデビューしたのち、姫路藩の抱えとして1801年11月場所で初土俵(二段目〈現在の幕下〉)を踏んだ。1808年3月場所で、西二段目6枚目(十枚目格)に昇進。十両時代は5割前後の勝率を保ち続け、1811年閏2月場所で新入幕を果たした。1812年11月場所で6勝2敗2休、翌1813年1月場所で5勝0敗4休1無の好成績を挙げた(この場所での東前頭2枚目が最高位である)が、その後は低迷(もっともこの頃の記録は散逸が多い)。記録上では1815年11月場所で5勝2敗2休1無の成績を挙げたのを最後に、東京相撲での出場が途絶えた。そして、1817年8月19日に現役中のまま死去した。初土俵の年代から換算して30 - 40代で没したと考えられている。幕内通算 7場所 31勝14敗4分6無10休の成績を残した。改名歴は1回ある:大鳴戸 音右エ門 → 大鳴戸 灘之助。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3225070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55698913 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大鳴戸 灘之助(おおなると なだのすけ、生年不明 - 1817年9月29日〈文化14年8月19日〉)は、江戸時代後期(享和 - 文化年間)に活躍した元力士。大坂相撲から東京相撲に移ったが、所属部屋は大坂・東京とも不明。本名・身長・体重も不明。播磨国(現在の兵庫県南西部)出身。最高位は東前頭2枚目。大坂相撲でデビューしたのち、姫路藩の抱えとして1801年11月場所で初土俵(二段目〈現在の幕下〉)を踏んだ。1808年3月場所で、西二段目6枚目(十枚目格)に昇進。十両時代は5割前後の勝率を保ち続け、1811年閏2月場所で新入幕を果たした。1812年11月場所で6勝2敗2休、翌1813年1月場所で5勝0敗4休1無の好成績を挙げた(この場所での東前頭2枚目が最高位である)が、その後は低迷(もっともこの頃の記録は散逸が多い)。記録上では1815年11月場所で5勝2敗2休1無の成績を挙げたのを最後に、東京相撲での出場が途絶えた。そして、1817年8月19日に現役中のまま死去した。初土俵の年代から換算して30 - 40代で没したと考えられている。幕内通算 7場所 31勝14敗4分6無10休の成績を残した。改名歴は1回ある:大鳴戸 音右エ門 → 大鳴戸 灘之助。
rdfs:label
  • 大鳴戸灘之助
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of