Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大高(おおたか)は、岡山県倉敷市倉敷にある地域である。広義では、かつての都窪郡大高村(おおたかそん)の大部分に相当する。狭義では、広義の大高を3つに分けた中の西部にあたり、その前身の同郡大市村(おおいちそん)におおむね相当する(葦高村の一部も含む)。近年、人口増加に対応し、新たに同地南部を学区とする倉敷南小学校を新設した。つまり狭義の大高は、現在の大高小学校区および倉敷南小学校区におおむね相当する。現在は大高といえば、狭義の大高を指す場合が多いが、広義の大高は、市の農業委員会の地区分けなどで使用されている[1]。また倉敷市の町名別人口統計では、葦高と狭義の大高とをまとめて大高としている(中義の大高)[2]。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2466107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54933095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大高(おおたか)は、岡山県倉敷市倉敷にある地域である。広義では、かつての都窪郡大高村(おおたかそん)の大部分に相当する。狭義では、広義の大高を3つに分けた中の西部にあたり、その前身の同郡大市村(おおいちそん)におおむね相当する(葦高村の一部も含む)。近年、人口増加に対応し、新たに同地南部を学区とする倉敷南小学校を新設した。つまり狭義の大高は、現在の大高小学校区および倉敷南小学校区におおむね相当する。現在は大高といえば、狭義の大高を指す場合が多いが、広義の大高は、市の農業委員会の地区分けなどで使用されている[1]。また倉敷市の町名別人口統計では、葦高と狭義の大高とをまとめて大高としている(中義の大高)[2]。
rdfs:label
  • 大高 (倉敷市)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of